閉経後であっても手術はしたくない|50代でも悩みの深さは同じ

閉経後に卵巣のう腫の手術で子宮全摘をすすめられる方もいます。閉経後といえども女性にとってはとても大きな決断に迫られるものです。

 

例えば、50代で子宮ガン検診の時にMRI検診をすすめられて検査した結果 内膜症性卵巣のう腫と子宮筋腫が見つかるケースがあります。

 

医師の判断として、今は特に問題はなくても、年齢から考えて手術をすすめる場合があります。しかも、その手術に関しても、開腹手術によって卵巣と子宮を一緒にとるのがベストだとアドバイスするようなこともあります。

 

確かに将来悩まされるであろう体の不調や痛みを我慢するよりは、思い切って手術をした方がいいような気持ちになりますし、手術によって先々の子宮ガンの心配がなくなるという利点もあると考えることもあるでしょう。

 

閉経後の50代であれば、子宮と卵巣を取っても大きな影響はなく、あるとすれば膣の萎縮くらいです。これが一般的には言われることでしょう。

 

でも、本人とすれば何の自覚症状もない状況であれば手術する気にはなかなかなりにくいですし、何よりも卵巣と子宮を一度に取ってしまうことは納得いくものではありません。閉経後といえども、やはり卵巣や子宮を失うのは女性にとっては絶えられないものです。

 

⇒手術をしないで卵巣のう腫を治す方法についてご紹介しています